北京のさくら景色を見よう~

日本でお花見を言ったら、やっぱりさくらの花でしょう。学生や新社会人が新たな道に進むこの時期に咲くさくら、まさに新生活の象徴とでもいえましょう。そんな意味の深いさくらの花を北京で見ることも可能で、この時期北京旅行を計画中の皆さんはぜひお見逃しなく!

どこか切ないなハナカイドウの花

これはまたロマンチックなお花です。昔は「断腸花」とも呼ばれ、男女の別れのときの切なさを表現するとき、よくハナカイドウの名が出ます。古くから、中国の詩にもよく使われ、日本の俳句の季語のような感じです。そんな艶やかで美しい花、開花期間も短く、ぜひ行って見て下さい。

香り高いハクモクレンでリフレッシュ

優雅な曲線を描くハクモクレンの花、まるでワインカップのような形で、お花見の時期の人気ものです。その上、遠くからもはっきりとその香りが分かり、人工添加物ではなく、自然界でしか出せない味がまたいいです。視覚も嗅覚も楽しめるお花見をしたい方には、ハクモクレンを見に行きましょう。

愛おしいモモの花を見に行こう

お花の形も名前もすべてがかわいく感じるモモ。その名前の由来もたくさんあります。モモの原産地は中国という説もあり、古くから愛されてきたお花の一つです。日本では、たくさんの実があることから、「百(もも)」の意味を含む名前を付けられたという。

北京でチューリップを見よう

チューリップと言えば、オランダの国花としてはとても有名です。だが実は北京にもそんなお花を見られるスポットってたくさんあります。滑らかな曲線を描く形、そしていろんな色を混ざってできた独特の色合いは見る人を癒します。まさにその花言葉のように、優しいお花です。

実もおいしい、北京で杏の花を見よう

杏の花、中国では「杏」は木を、「子」は実を指します。漢名の「杏子」の唐の時代の発音から、今日本は「あんず」と呼ばれるようになりました。杏の実もそのままでも食べられますが、ジャムなどの保存食にしたら、さらにその味が一年中でも味わえます。

癒しをもたらすナシの花

ナシの花が咲いた後、みずみずしくておいしい実が実ります。秋の味覚として知られる梨ですが、春に咲くナシの花もとてもきれいです。全体的が白くて、まるで可憐でかわいい女の子みたい、その花言葉もずばり「癒し」、イメージとはよくマッチしています。

恋がしたくなる「ライラック」

ライラックの花、フランス語では「リラ」と呼ばれ、和名は「ムラサキハシドイ」となります。紫色のが一般的ですが、色の濃淡によって違う雰囲気を表現しています。ほかには白やピンクなど、淡い色がメインです。色が違うと、その花言葉も違ってきます。

 

個人情報| お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved