国家動物博物館

国家動物博物館は中国のみならず、アジアで最大の動物博物館で、最高水準の研究レベルと最強の総合力を持つ動物系の分類及び進化の研究センターである。現代化博物館のテーマ式展示法を参考に、自然科学と人文科学の知識が集まって展示され、また4D技術を駆使した映画館もある。

中国古動物館

中国古動物館は、中国科学院古脊椎動物と古人類研究所によって建設された博物館である。中国初の古生物化石を展示する博物館で、全面的に古生物学、古生態学、古人類学及び進化論の知識を普及する国家級自然科学系テーマ博物館であり、アジア最大の古動物博物館でもある。

中国地質博物館

中国地質博物館には巨型山東竜、中華竜鳥などの恐竜類化石、北京人、元謀人、山頂洞人などの古人類化石、または科学価値と観賞価値を備えた魚類、鳥類、昆虫など貴重な先史生物化石がある博物館。さらに世界最大の「水晶王」、中国特有の鉱物標本、種類の豊富な宝石や玉石など一連の国宝クラスの逸品なども展示されている。

中国第四紀氷河遺跡陳列館

中国第四紀氷河遺跡陳列館は氷河知識、地質岩石、古生物、地球環境保護などに関する科学普及教育を中心として、中国またはアジア範囲で唯一の第四紀氷河遺跡に建てられた展示ホールである。中国第四紀氷河遺跡陳列館は北京の石景山区に位置し、北京西部の郊外の翠微山の南側にある。有名な八大処公園のに隣接し、北京市内から二十キロ離れている。

古人類文化遺跡博物館

北京王府井にある古人類文化遺跡博物館は、北京東方広場の地下で発掘した最初の古人類遺跡に位置し、2万5千年前の斑鹿が跳びあい、ダチョウが喜びに沸き返る姿と、山を眺望し水を聞き、狩猟または生活する様子を再現し、「北京人」の狩り、火の使用またはツール製造の跡を展示する。

北京自然博物館

北京自然博物館は首都の南城の中軸にある歩道橋の地域に位置し、所蔵の文物、化石、標本は10万点以上もある。自然博物館は4つの基本陳列館と1つの恐竜の世界博覧館で構成され、所蔵の古代大型哺乳類の全身化石数が世界第二で、さらに黄河古象化石、恐竜の化石が国内外で広く知られている。

 

個人情報| お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved