北京圈子国際ユースホステル

「北京圈子国際ユースホステル」は北京の西部にあるホステルです。有名な故宮、天安門広場など北京中心部の観光地には離れていますが、ショッピングエリア「西単」には近く、地下鉄の「西単駅」はすぐそばにあります。またこのホステルから東に行くと、バーストリートの「後海」があります。

ザ•フールーホテル

「ザ•フールーホテル」は北京の古い路地、胡同にある高級ホテルです。部屋の値段はわりと高めで、普通のホテルとは大差ないが、静かで歴史のある胡同に位置し、本当の中国の市民生活が触れられるのがここの魅力です。全体的では隠れ屋みたいな雰囲気で、人が多い市内にあるにもかかわらず、中に入ると静かで落ち着きます。

雍和宫四合院ホテル

このホテルは北京の古い家屋四合院を改造して作ったから、百年以上の歴史も持つ建物には、随所歴史の痕跡が窺えます。灰色の瓦で作った屋根と鮮やかな赤に塗り直したドアと窓の枠は対照的で、この中国風の色合いは独特な雰囲気を作り出しています。

北京和園国際ユースホステル

ホステルの玄関口はまったくホステルっぽくなく、赤い柱と中国の時代劇でよく見る看板はよく似合い、まるでどこかの撮影場に入ったような感じ。ホステル内の庭には石榴、玉欄などの木があり、四季に渡りきれいな花が咲いています。

未名カントリヤードホテル

北京には古くから残る胡同の町並みがあります。昔ながらの情緒を残しながらも、今はバーやおしゃれな店も相次いでオープンし、胡同巡りも北京観光の目玉になっています。北京っ子の生活が体験できる胡同のホテルでの宿泊も人気になり、この部分は宝鈔胡同にある未名カントリヤードホテルを紹介します。

北京演楽70号ホテル

住所が第70番だから、その名もシンプルに「北京演楽70号ホテル」と付けられました。また、「Côté Cour」というフランス語から取った単語がこのホテルの名前の外国語表記に使われます。その意味は古代フランスの皇帝がオペラを鑑賞するときに使う個室という意味で、ぴったりな名前だと思います。

夜奔四合院ホテル

「夜奔」には中国語で「夜逃げ」という意味で、普段の忙しい生活から、こっそりここに逃げてバケーションをしたらいかがでしょう。庶民の町にあるこのホテルから一歩を出れば、すぐ北京っ子の生活に触れることが出来ちゃいます。観光地の王府井には車で10分ほどで着くという立地のよさから、北京の人気四合院ホテルの一つです。

北京竹園ホテル

北京市の中軸線の北へ行くと、鐘鼓楼の北側の小さいな横丁には、敷地面積21ムーもある中国古典庭園式建築があり、それが今回紹介したい北京竹園ホテルです。ホテルの建物は伝統中国風で、庭も中国式山水で統一されています。昔、清朝末年に郵政大臣を務めた盛宣懐の私邸か大宦官の李蓮英の花園だと噂され、当時の豪華な感じは今でも残っています。

 

個人情報| お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved