中国では古くから伝わって来た立春の風習があります。春を実感できるグルメを食べたり、旧正月を迎える準備をしたり、春の息が感じられる公園で散歩したり、寒い冬がだんだん過ぎていき、季節に相応しいことを一緒にしましょう。

「春を知る」、中国の立春風習


春になると、天気がだんだん温かくなり、人々も薄着の準備を取り始め、新しい一年を迎えます。特に中国では、旧暦の暦による祝日が決まられ、古くから伝わってきた風習が多く、その一部はいまに至ります。忙しい生活の中、四季の変化を楽しむのは忘れないでください。暮らしの歳時記、これから始まります。

続きを読む>>

「春をかじる」とは何?

さあ、いよいよ立春を迎えます。中国では「咬春」という習慣があり、直訳すると「春をかじる」という意味だが、実際は古くから伝わってきた風習で、春の到来を祝うため、はるまきや餃子、麺類を食べる習慣です。それでは、北京で立春を過ごすため、どんなおいしい料理があるか一緒に見てみましょう。

続きを読む>>

「春を踏む」とは何?北京にある公園を巡ろう♪

春になると、気温がすこし上げ、冬の景色もだんだん色鮮やかに変わります。一冬、寒くて部屋に閉じこもっている人もこころが動き始め、春の景色をこの目で見てみようと気分が変わります。中国では古くから「踏春」、または「踏青」という風習があり、特に若い男女がこの日に郊外に行き、大自然を楽しみます。それでは、北京で「春を踏みたい」なら、そんな場所がいいか見てみましょう。

続きを読む>>

 

個人情報| お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved