ミルクティーブームの火付け役「貢茶」

中国のミルクティーブームの火付け役になったこの「貢茶」の名は、中国人の中でも知らない人はいないだろう。「貢茶」という言葉はもともとお茶の名産地が皇帝に貢ぐ一番いい茶葉のこと。この名前にしたのは味に相当自信があるだろう。

個性的なオリジナルキャラクターも人気!

「喜茶」はもともと中国広東省の江門にある小さなミルクティーの店だったが、あまりのおいしさでひそかに評判が広がり有名になった。また「快楽檸檬」は名前通り、レモンを使ったメニューが多い。イメージキャラクターはとてもかわいくて、ウィンクをするおかっぱ髪の子、その髪もレモン。

屋台から世界へ!やっぱり味が大事!

「CoCo都可」は東京にも店舗を展開している店で、他のブランドと比べて馴染みがあると思う。1997年台湾の淡水という小さな町から徐々に発展し、今は2000以上の店舗を持つチェーン店にまで成長した。「一点点」も最初は台湾の台南地区の屋台で販売するミルクティー店だったが、今もその味が評判でチェーン店として展開している。

 

個人情報| お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved